忍者ブログ
スポンサードリンク


イチロー選手愛飲のユンケル ファンティ

WBCの帰国会見内でソフトバンクの川崎選手も言っていたイチロー選手が試合の1時間前に飲む【ユンケル】のドリンク剤がこちら

ユンケルには色々な種類があるけれど、その中でもイチロー選手が愛飲しているこの【ファンティ】は、ユンケルシリーズ33種類の中で2番目に高いものだとか。

通常、50mlで税込み3150円もするこのドリンク。何と、ネットで買えば割安。ならば一度はイチロー気分を味わってみたい。

イチロー選手愛飲!サトウ製薬ユンケルファンティ50ml

ユンケルファンティ 50ml

ユンケル ファンティ】の内容や効能などはブログ内カテゴリ【ユンケル ファンティ】に記載していますので、どうぞご覧下さい。



DATE : 2017/12/17 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2009/03/25 (Wed)
ユンケルは、昭和31年に
【強くなるクスリ】という
キャッチコピーのもと誕生した。

まさに、“働き盛り”を応援すると言う
新発想のクスリだったとのこと。

現在のようなボトル系の容器ではなく、
四角い缶の入れ物だったとか。

初代ユンケルのCMイメージキャラクターは
実は、元プロボクサーの
“ガッツ石松”さん。

昭和42年にユンケル黄帝液がベールを脱ぎ、
生薬の特性を生かした滋養強壮ドリンクは
瞬く間に芸能やマスコミ業界から火が点き、
昭和52年以降にはCMによって
認知度を益々高めていった。


ユンケルに関してはここからが皆の記憶に
残っている感じが個人的にするが、
第2代CMイメージキャラクターとして
【ユンケルンバでガンバルンバ!】の
CMキャッチコピーの元、タモリさんが登場する。

その後、たちまちユンケルはNo.1ミニドリンクへと
急成長を遂げていった。
そして、平成11年、コンビニにも登場。

21世紀の幕明けと共に、
イメージキャラクターは現在のイチロー選手へ。

生薬の効果を化学的に証明したユンケルシリーズは、
海を越えて世界のさまざまな人に愛飲されるようになった。

※情報はユンケル公式サイトより。
リライトで使用しています。
PR

DATE : 2009/03/26 (Thu)
2009年3月。


WBC(ワールドベースボールクラシック)が開幕した。


見事2連覇を達成した
侍ジャパンは帰国後記者会見に臨んだ。


そこで、同じ侍ジャパンのメンバーだった
ソフトバンクの川崎選手から

『イチローさんがユンケルを飲むのは試合の1時間前』
と冗談交じりに言われたイチロー選手。

日本中、いや、世界中が見守る中の会見で
まさにそれは、再びユンケルに脚光を浴びせる
最大のPRになった。


コレから更にユンケルは世界中の人に
愛飲される【クスリ】へとなっていくだろう。
HOME
忍者ブログ [PR]